リハビリテーション科のトップへ


 
 
 

身体に障害や機能低下、退院後の体力低下がある方に対して、グループでのリハビリ体操、個別の運動療法を行い、また物理療法(電気治療、温熱など)を加えて、日常生活を送る上で必要な基本的動作能力の回復を目指しています。
  

言語療法とは言語聴覚士といわれる専門職者が訓練を行います。



●脳卒中後遺症や老化などで以下のような症状が
 生じた方に対処いたします。
  • 「ことばを聞いたり、理解したり、お話したりすることが難しい方 (失語症) 」
  • 「発音がはっきりしない、呂律(ろれつ)がまわらない (構音障害) 」
  • 「食べ物をうまく飲み込めない、ムセてしまう   (嚥下障害) 」
      


寝返り、起き上がり、座位保持、立ち上がり
立位保持、移乗、歩行(杖など使用)など
生活する上で、その方が必要とされる動作の
獲得、安定化
 


入院生活、長期臥床、老化により低下した
筋力を段階的に強化
 


 当院ではこのような悩み心配のある方々の  

   「ことば」 「のみこみ」


  について相談や訓練を行います。 
 


脳卒中によって麻痺した手足、使わないことによってうごきにくくなった関節をほぐし拘縮予防をします


 


電気治療、温熱治療など

ページのトップへ

診療科目       /  内科一般   胃腸科   循環器科   呼吸器科   リハビリテーション   アレルギー科   
東洋医学       /  漢方治療   ツボ治療
福祉介護サービス  /  通所リハビリテーション(デイケア)    居宅介護支援事業所    訪問診療・訪問看護

トピックス        /  肥満・ダイエット
インフォメーション   /  スタッフ募集
  ・デイケア 空き状況   ・デイケアルーム増設のお知らせ

Copyright(c) 2004 ogawanaika All Rights Reserved.